トレード2.0-日本版-

海事産業におけるスタートアップ企業と生産性革命報告書

弊社の新たな研究著書、「粛々たる革命- 日本の海事産業における生産性革命」は、日本の企業が既に実施しているIoTベースの船舶および乗組員管理についての弊社の貢献を探求し記載、新興のスタートアップ企業文化に独自の洞察を提供するものです。

本報告書は、インマルサットが主催し出されたもので、海事産業における技術と特定の国における起業に関する詳細を紹介した世界初のものです。

それは「トレード2.0:どのように新興企業が次世代の海上貿易を牽引していくか」に基づいて構築され、2019年にインマルサットによって開始された世界的な研究となります。
 

どちらも著者のNick ChubbとLeonardo Zangrandoの2名の研究によるものです。
 

日本の海事産業におけるテクノロジー市場について

日本の海上技術市場は現在88億ドルと推定されており、2030年までに158億ドルの価値が上がると見込まれており、海上産業全体では4倍のCAGR6.1%を達成する見込みです。

日本独自の海事産業の優位性

従前の伝統的アナログによる運航形態がデジタル化するにつれて、日本の海事主要国としての地位は、技術改革の理念と相まって、海事イノベーションにとって自ずから優位性を占めるようになってきています。スタートアップ企業主導のイノベーションは、倫理的、持続可能かつ収益性の高い海事ビジネスにおける変革に向けた新たな推進力です。

日本の船舶技術の成長

索引 海事産業におけるスタートアップエコシステム

Inmarsat

インマルサットによるソリューション


インマルサットでは、海事産業における企業、またそのパートナー会社、そしてスタートアップ企業が変革に向かえるようサポートしています。また弊社では、専用帯域幅サービスの「フリートコネクト」、市場をリードするIoTプラットフォーム「フリートデータ」とともに、大容量かつ高速通信のグローバルブロードバンドネットワーク「フリート・エクスプレス」を提供しています。

弊社では、専用帯域幅サービスの「フリートコネクト」、市場をリードするIoTプラットフォーム「フリートデータ」とともに、大容量かつ高速通信のグローバルブロードバンドネットワーク「フリート・エクスプレス」を提供しています。
 

レポートのダウンロードはこちらから

こちらから報告書をダウンロードしてください。

インマルサットから広報・マーケティング関連のニュースをお送りします。こちらご了承の上、ご確認いただけますと幸いです。 配信を希望さればい場合は、メール下部にある「購読解除」をクリックして、配信を止めることができます。 詳細は、プライバシーポリシーをご覧ください。